適当に考えていない?住宅ローンも含めた資金計画


住宅ローンだけに頼らない

家を建てる際に多くの人が利用するものが、住宅ローンです。どれだけの金額を住宅ローンで借りることができるのかは人によってそれぞれですが、住宅ローンだけを頼りに資金計画を立てることは非常に危険です。必ず自己資金も用意することが必要となります。家造りに掛かる費用は様々あり、建築費用に外構費用、そして諸経費などが掛かります。これらの費用の全体のおよそ20%は自己資金で用意した方が良いとされています。最低でも20%用意しておけば、無理な返済計画にならないでしょう。また、住宅ローンの返済計画についても、ボーナスなどを考えて計画することは避けた方が良いです。ボーナスは景気に左右されやすく、後々返済計画が滞るといった事態になりかねません。

住宅ローンを正しく選ぶ

住宅ローンと一口に言っても、様々な種類があります。大きく分けると民間の融資と公的な融資に分けることができますが、民間の融資には様々な種類があり、サービスの内容も多種多様です。借りることができる総額だけで選ぶのではなく、金利や繰越返済など返済のことも見越して選ぶと、生活を安定させることができます。

シミュレーションで試してみる

住宅ローンには様々な種類があり、メリットを多く提示されても、どれが最も良いローンなのかわからないといった人は多くいます。金融会社と相談して決めることが良いですが、シミュレーションを試してみるのもよいでしょう。自身の年齢や年収などを入れることで、未来予想を教えてくれるので、住宅ローンで迷ったときに役立ちます。

国土交通省によるとマイホームの平均建築費は2500万から3500万と発表されており、3000万の家ならほぼ満足のいく注文住宅が建てられます。