ちゃんと考えて計画を立ててる?家造りの資金計画


まずは自己資金を把握する

家を建てるということは、決して簡単にできるものではありません。大きな費用が掛かることは確かなので、あらかじめ資金計画を立てて臨まなければ、後悔する可能性も大いにあり得ます。資金計画を立てるためには、まず自己資金を把握することが必要です。家を建てるための借金である住宅ローンを頼ることもできますが、全額住宅ローンで賄うことはできません。どれだけの費用を建築費用に回すことができるのかを把握せずに進めてしまうと、後の生活が苦しくなってしまいます。なお、使える自己資金は生活を送るうえで無理のない範囲、そしてボーナスなど不確定な要素はなるべく省くとよいでしょう。

希望の家に掛かる費用を把握する

家を造るとなると、住みたい家に理想を持っている人も多くいるでしょう。その希望とする家を建てるためにはどれだけの費用が掛かるのかをまずは計算することが必要です。希望の家に掛かる費用が、考えていた建築費用を大幅に超す場合には、費用を抑えるために改めて住みたい家を考えなければなりません。希望の家と予算を考えて、具体的に計画を詰めていきます。

建築以外に掛かる費用も考える

家造りに必要となる費用は、建築費用だけではありません。ほかにも様々な費用が掛かります。大きく分けると諸経費と外構費用といえるでしょう。諸経費とは、家を建てる際に必要となる手続きに関する費用と税金、引っ越しの費用に仮住まいの家賃などです。これらは、家を建てる際に掛かる費用全体の10%程度に当たります。外構費用とは、家の庭や駐車場、門などを整備する費用です。これは全体の15から20%ほどかかるでしょう。

ローコスト住宅とは坪単価50万円以下の低価格で建てた住宅のことで、坪単価70万円以上のハイコスト住宅に比べて工賃が数百万近くダウンできます。