おしゃれに見えて居心地の良い家造りのポイント


「おしゃれ」と「居心地の良さ」は共存できるか

「おしゃれ」と言うと頑張って飾り付けるというイメージがあるため、一見すると「居心地が良い」とは相反するように感じます。しかし、おしゃれな家に共通することは、家のデザインやテーマがどうであれ、統一感があることです。家の造りのコンセプトがしっかりしていて、テーマやデザインに統一感があると、おしゃれに見えます。統一感があることで、落ち着いた印象を与え、居心地の良い家にもなります。

また、物が溢れている室内も落ち着かない気持ちになります。家を設計する際には物を片付けられる収納スペースをしっかり確保することが大切です。目につく場所に物が少ないと、すっきりとした印象を与え、おしゃれに見えると同時に、居心地も良く感じます。

自分のイメージを具体化する建設会社選び

家を建てる時に依頼する建築会社選びは実はとても重要です。建築会社はそれぞれ、特定の建築様式やデザインにこだわっている会社も多いです。どんな様式でも幅広く請け負っている建築会社よりも、特定の専門性や得意なコンセプトを持っていて方向性が決まっている会社を選ぶことで、統一感を損なうリスクを抑えることができます。

しかし、家を建てるのは一生に何度もあることではないので、家のコンセプトをどうして良いか分からないという人もいます。素材や雰囲気など専門用語も多いので、言葉ではうまく伝えられないという場合もあります。そんな時のために、気に入った家の写真や切り抜きなどを建築会社に見せると話し合いがスムーズに進みます。自分のイメージと合致したデザインや様式を得意とする建築会社を選び、納得のいく家造りをしてください。

二世帯住宅は子育てを祖父母に依頼しやすく、高齢者の危機にも素早く対応できます。近いのでいいことがたくさんあります。