狭小住宅っていいの?二つの大きなメリットとは!


狭小住宅は費用が安い

狭小住宅にしようと決めると注文住宅にかかる費用がかなり少なくて済むのが大きなメリットです。住宅を建てるためには土地を手配する必要があるのが一般的ですが、土地の面積が狭くて良いのでその分だけ調達費用が安くて済みます。さらに建築費用も延床面積に比例して高くなるのが普通なので、狭小住宅にするとかなり費用が安くなるのです。また、狭小住宅では部屋を広く使えるようにするために壁や柱を極力減らすように工夫した設計をします。その分だけ部材も少なくて済むので費用負担が軽減されるのが一般的です。このような工夫の仕方を知っている業者に依頼する必要はありますが、依頼先次第ではかなり手持ちのお金が少なくても建てられるでしょう。

狭小住宅は立地の選択肢が広い

狭小住宅のもう一つのメリットは立地の選択肢が広いことです。狭小住宅は面積が狭くて良いので必然的に土地の選択肢が多くなります。駅が近い、オフィス街に近い、十分に発達した住宅地の中にあるといった好条件の土地はなかなか手に入らないでしょう。見つかったとしてもかなり狭くて家を建てるのには向かないのではないかということもよくあります。しかし、狭小住宅の技術を使えばこのくらいの面積があれば快適な家を建てられると業者から回答をもらえるケースも少なくありません。土地探しと業者との相談を並行して行っていく大変さはあるものの、立地が良くて住みやすいところに家を建てられる可能性が高いのは大きな魅力でしょう。

狭小住宅とは、15坪以下の小さな土地に建てられた家を指します。土地が狭い分維持費を抑えられて、利便性の高い都市部に住むことができるのがメリットです。