なぜ注文住宅?建売住宅ではなく注文住宅を選んだ人の理由とは?


こだわりの家をつくりたい!

家を購入する時、「建売住宅」と「注文住宅」のどちらを選べばいいか迷うかもしれません。注文住宅を選んだ人の多くは、「こだわりを家に取り入れたかった」という理由をあげています。注文住宅を選ぶと、ハウスメーカー選びや設計段階から家づくりに携われるため、自分のこだわりを、予算が許す限りすべて詰め込むことができます。建売住宅はハウスメーカーが購入者の意向を取り入れずに、たくさんの人が喜びそうな家を建てて販売しています。そのためどうしても無難な家になりがちです。家にこだわりがあり、個性的な家を建てたいと思う人は注文住宅を選ぶ傾向にあります。

指名したいハウスメーカーがある!

また「土地を持っていたため」という理由をあげている人もいます。建売住宅は家と土地をセットで販売してるので、親から譲り受けた土地などを持っている人は、注文住宅を選ぶことになります。例えば持っている土地が三角地であっても、その土地の形を生かした家を設計し、建てることができます。一般的に家づくりには不向きと言われているような土地だからこそできる、魅力的な家を作ることも可能です。さらに「指名したいハウスメーカーがあったから」という理由をあげる人もいます。家づくりについて調べているうちに、自分が住みたいと思える家を建てているのは、同じハウスメーカーだと気付くかもしれません。この場合、このハウスメーカーと家づくりのタッグを組むと、自分の理想の家を建てやすくなるでしょう。

商売の町、食いだおれの町大阪では何ごとにも価格重視、ただし品質が良いものでなければお金は出しません。住宅は一生の買い物、大阪の注文住宅はコストパフォーマンス重視の傾向があります。