値切れそうな賃貸物件の選び方と値切り交渉


値切りたいなら値切れそうな物件を見つけよう

賃貸物件に安く住みたいと考えているならば値切れそうな物件にターゲットを絞るのが確実です。実は賃貸物件には流通が盛んになる時期とそうでない時期があります。最も流通量が多くなるのが1月から3月にかけてです。これは言うまでもありませんが、進学や就職など新生活を迎えるにあたって住む場所が変わったり一人暮らしをはじめたりする人が多くなるからです。この時期は入居希望者が殺到するので基本的にどの物件も人気があります。そのため値引き交渉は難しいと考えた方が良いでしょう。また9月から10月にかけても異動があるため入居を希望する人が増えてくるため値切り交渉には向いていません。

値切り交渉をしたいならば3月末か4月にかけて部屋を探すのが最も適切です。この時期に埋まらなかった部屋は長期的に空き室になる可能性が高いため不動産会社や大家さんは焦ります。この時期は大家さん側も家賃を下げるなどいろいろと対策を講じているので、住んでくれるならば多少の値引き交渉には応じようという気持ちの人が多いです。

値引きは家賃以外で交渉してみよう

値引きをする際に真っ先に手を付けがちなのが家賃ですが、実は家賃の値引きはなかなか受け入れられないことが多いです。初期費用の関係で最も狙い目なのは礼金です。礼金は敷金のように特に用途がないお金なので、重要度としては最も低く、大家さん側も値引き交渉に応じてくれやすいでしょう。そして値引き交渉をする際の原則として、値引きをしてくれた場合は契約を結ぶことを意思表示してください。

恵庭市は札幌市の近くに位置し、交通アクセスが便利で豊かな自然にも恵まれています。きっと素敵な恵庭の賃貸が見つかることでしょう。