マンション購入希望者は知っておこう!物件の選び方を紹介


新築マンション購入時の注意点

新築マンションを買うときには失敗しないように見ておくべき部分があります。それは購入前に図面やモデルルームとの違いを確認しておくことです。パンフレットで確認した物件と実際に見た物件ではイメージが違います。またマンションの設計図も確認しておけば、使い勝手の良さなども確認できます。特に重要視したいのが入居者です。住み始めて近隣住民とトラブルが起こってしまう危険性もあります。どんな方をターゲットにした物件なのかを把握しておくとトラブルを回避できるでしょう。例えばファミリーで住むことを想定して作られたマンションなら、子育てに関して理解があります。単身をターゲットにしたマンションと比べると子供を巡るトラブルが比較的少ないです。

中古マンションは耐震性を重視する

マンション購入をするときに重要なのは耐震性です。これは地震に対応できる重要な要素で、耐震性が高い物件ほど安全です。新築マンションは新耐震基準を満たしているのが特徴です。特に気にする必要はありませんが中古物件は注意しておきましょう。物件の築年数が古いものだと新耐震基準を満たしていないものもあります。旧耐震基準は1981年5月31日以前の物件に適用されます。新耐震基準は1981年6月1日以降の物件に適用されているものです。こちらは中地震でもほとんど損傷がなく安全に生活ができます。また各マンションは耐震等級と呼ばれるものも設定されています。耐震等級が高いものほど頑丈にできているのが特徴です。物件を確認するときは新耐震基準を満たしていることが購入の最低条件です。

宇都宮のマンションを中古で買う場合の価格は、安い物件の場合だと1000万円台からで、高い物件だと3000万円を超えることが多いです。